最新情報

アークの最新情報

お盆休みも通常営業致します。
お盆休みも通常営業致します。

アークでは、お盆休みを利用して、講習を受けたいというお客様が、多数みえましたので、

休まず通常営業致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

高齢者の事故について、arcからお伝えできること。
高齢者の事故について、arcからお伝えできること。

ここ一ヶ月の間に、高齢者の運転による車の交通事故のニュースが、たくさんテレビで、放送されました。そのたびに「高齢者は自主的に運転免許を返納しましょう」という主張がマスコミに取り上げられているのを目にしました。
しかし高齢者であっても、自分の現状を自覚して運転していれば、とくに事故の危険性が増加するわけではないと私は考えます。実際、75歳以上の高齢者より16~24歳の若者のほうが事故は多いのも現状としてあります。それより、免許を返納して外出しなくなることで、認知症を発症したり、進行させてしまうというリスクもあるのです。
高齢者の事故で、よく「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」ことが原因とされますが、「ブレーキとアクセルを踏み間違える」というのは、認知機能の問題というよりも、運転技術の問題であったり、何かのきっかけで「パニック状態」に陥ってしまったことが原因と考えられます。たとえ若い人でも、パニックになったら、同じようなことが起こり得ます。
現在、運転免許の更新時に75歳以上となるドライバーには、認知機能検査が行われています。ただし、この検査は「日常生活での認知機能」を検査するもので、「運転技術」の検査にはなっていないのです。実際、2018年に交通死亡事故を起こした75歳以上のドライバーの約95%は「検査の結果、認知症ではない人」だったのです(2019年3月警察庁発表による)。つまり、自動車の運転には、認知機能の低下だけに着目するのではなく、「運転技術」をしっかりとチェックする必要があるのではないでしょうか。

アークペーパードライバーズスクールでは、さまざまな年齢の受講者様がみえますが、その中で、60歳以上の方を対象にした、【アクセルとブレーキの踏み間違い防止対策】を特に力を入れて取り組んでおります。
なぜ踏み間違いが起きてしまうのか?ひとつの大きな原因は、危険な場面や、ブレーキをかけなければいけない時に、アクセルペダルから、ブレーキペダルに足を踏みかえる時期が、遅いことが考えられます。少しでも早くアクセルを緩め、ブレーキに足を構えるという習慣を身につければ、踏み間違いによる事故の危険性はかなり軽減されます。ただし、いきなり意識して変わるかと言われれば、変わらないのも事実。
当スクールでは、通常走行のさまざまな場面において、できる限り早くブレーキペダルを構える習慣を、徹底的に身につけるカリキュラムがございます。
高齢になり、車の運転に不安を感じてる方や、ご家族で高齢の方がいらっしゃり、心配と考えておりましたら、是非アークにお気軽にご相談下さい。

あおり運転や逆走の対処法
あおり運転や逆走の対処法

近年よくニュースにも取り上げられて、問題化している「あおり運転」(前方を走る車に対して進路を譲るように威嚇したり、追い回したり、嫌がらせをするなどの危険行為)に巻き込まれないためにも、十分な車間距離をとり、急な割り込み・並進しているクルマへの幅寄せなどトラブルのもととなるような行為は避けるよう心掛けることが重要です。

◎事後に備えるためにも、事件・事故の際に有力な証拠となるドライブレコーダーを有効に活用するほか、万が一危険な運転者に追われるなどした場合は、まずは自分の身の安全確保を最優先に考えることが大切です。

◎本線や路肩には停車せず、人の多いサービスエリアやパーキングエリアに速やかに入り、ためらうことなく警察に110番通報しましょう。

また、普段高速道路に乗り慣れていない人がとくに注意したいのが「逆走運転」。およそ2日に1件のペースで発生しているのです。高速道路上でのバックやUターン(転回)は絶対に行わないことが重要です。

◎「間違えて高速道路へ流入してしまった場合は、入口料金所の通行券を受け取る機械にインターホンがあるので、料金所スタッフに申し出ます。料金所スタッフの指示に従い戻ることができます。

◎目的のインターチェンジを行き過ぎてしまった場合では、そのまま走行し、次のインターチェンジで降ります。インターチェンジ出口では、料金所スタッフがいるレーンを利用し、料金所スタッフに申し出てください。目的のインターチェンジまで戻れるように案内されるので、料金所スタッフの指示に従ってください。

高速道路における運転のコツ
高速道路における運転のコツ

一般道は何とか走れても、高速道路を運転するのはちょっと苦手…そう感じている人は意外と多いのではないでしょうか。
そこで今回はもう怖くない、高速道路の運転のコツについてまとめてみましたので、高速道路に苦手意識のある方は是非読んでみてください。

【出発前にドライブコースを確認しておく】

◎ナビがついているから大丈夫?
今の車にはだいたいナビが搭載されていますが、高速運転中はなかなかナビを見ることができませんし、ナビを当てにしすぎてしまうことは運転の集中の妨げにもなってしまいます。
出発前にドライブコースを確認し頭に入れておくと、余裕を持って運転に集中することができますね。

◎ナビマップを利用してみる
ドライブコースを確認したら、自分が走るルートをナビマップでチェックしてみましょう。あらかじめ頭の中でシミュレーションしておくとさらに安心ですね。

【高速道路の本線に合流する時のコツについて】

◎基本のキホンは加速すること!
初めから高速道路に合流することに何の抵抗もなかった、という人の方が少ないのではないでしょうか。ごくたまに合流できずに加速車線の一番先で入るタイミングを伺っている車がいますが、追突の恐れがあり大変危険です。
高速道路の本線を走る車は80km以上のスピードで走っています。そこに合流するためにはある程度のスピードを出すことが基本です。ですから合流レーンに入ったらしっかりと加速をするようにしましょう。
合流レーンにはたいてい30〜40kmの速度制限の標識がありますが、必ずここを超えてから加速するようにしましょう。標識の前から加速してスピードを出し過ぎた状態だと本線の状況を確認しづらくなってしまいます。

◎そして決断!
本線が見えたらミラーと目視で本線の状況を確認し、車と車の切れ目にめどをつけ、「ここで合流する」という決断をしましょう。
この決断がきちんとできないと、うまく合流することができません。加速車線でいつまでもタイミングを見計らうという状況になってしまうので大変危険です。

◎最後にもう一度確認!
あの車の後ろに入る!と決めた場所に入る前に、もう一度安全を確認し、そこに合わせてスピードを調節します。
早すぎず、遅すぎないスピードで合流し、合流した後も前の車と安全な車間距離を保つようにします。
いきなり首都高などの交通量の多い場所から始めるのではなく、慣れるまではそれほど交通量のない比較的易しい場所や時間を選んで練習するようにするとよいでしょう。

【高速道路の走行レーンを上手く使い分けるために】

◎そもそもどこを走ればいいの?
高速道路はたいてい2車線、もしくは3車線のところが殆どですが、一体どのレーンで走行すればよいのでしょうか。自分の走りやすいレーンでいいんじゃないの?そう思っている人も多いかもしれません。
しかし、実は法律では追い越す際や緊急車両に道を譲る場合などを除き、追い越し車線以外の走行車線を走るようにと決まっています。

◎追い越し車線をずっと走ると違反!?
あまり知られていませんが、追い越し車線をずっと走り続けるのは「通行帯違反」という立派な違反です。実は通行帯違反は高速道路の違反の中でも、スピード違反、シートベルト違反に次いで3番目の取り締まり件数があり、意外と厳しくチェックされているのです。

【高速道路のスピードについて】

◎高速道路の速度制限について。
高速道路の制限速度は、天候や道路状況にもよりますが、大型乗用自動車、特定中型貨物自動車以外の中型自動車、普通自動車(三輪のものを除く)、大型自動二輪車、普通自動二輪車の
最高速度は100km、最低速度は50kmです。ただし速度指定のある区間もありますのでその場合は標識に従いましょう。
また長時間のドライブはスピード感覚を鈍らせるので、時折速度計を確認します。
高速道路のスピードは、エンジンブレーキなどを上手く使うことも大切です。

◎安全な車間距離を保つ。
路面状況がよく、タイヤも新しい場合、前の車との車間距離を100m以上保つようにして走ります。
ただし路面状況が悪かったり、タイヤが古くて擦り減っていたりする場合などは、その2倍の車間距離が必要になるので注意しましょう。

【正しい知識を持てば、高速道路も快適に】

正しい知識を持って安全運転することで、事故のリスクをかなり減らすことができます。
ちゃんと無事に帰って来られてこその楽しいドライブ、安全運転で楽しみましょう。

花粉症が運転に与える影響と対策
花粉症が運転に与える影響と対策

花粉症は、特定の植物の花粉が体内に入ることでアレルギー反応を起こす症状のこと。

とくにメジャーなのは、春先のスギやヒノキ花粉による花粉症ですが、その他の植物の花粉にアレルギーがあれば、春以外の季節でも花粉症を発症します。

花粉症が運転に与える影響と、その対策についてご紹介します

◎花粉症はどんな症状? スギ・ヒノキ以外でも症状は出る?
花粉症というと、日本では2~4月にかけてのスギやヒノキ花粉による花粉症が有名ですが、世界的に見るとアメリカではブタクサ、ヨーロッパではイネ科による花粉症が多くを占めています。また、日本でもスギやヒノキ以外にハンノキやシラカンバなどのカバノキ科、ブタクサ、ヨモギなどのキク科、道端や庭に雑草としてよく生えてくるイネ科の植物などにもアレルギーを持っている人は多くいます。花粉症は春先だけではなく、1年を通して発症する可能性があるのです。
そんな花粉症の代表的な症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・目の充血・涙が止まらないなどが挙がります。また、体内に多く花粉が入ると症状が出ることから、室内では落ち着き、屋外に出ると症状がひどくなる傾向があります。花粉症の鼻水はサラサラしているのが特徴ですが、アレルギー反応で粘膜がむくんで鼻水が副鼻腔に溜まり続けると副鼻腔炎になり、鼻水がねばついてくることがあります。

◎花粉症が運転に与える影響とは?
目のかゆみや涙は、視界を妨げるだけではなく運転に必要な集中力の妨げにもなりますし、くしゃみや鼻水も集中力の妨げになるばかりか、誤操作の原因にもなります。
実際に、花粉症によるくしゃみや鼻水が激しく出る状態で運転をしたため、対向車線にはみ出し追突事故を起こしてしまったケースもあります。
また、花粉症の症状を緩和するための薬には眠気をもよおすものもあり、集中力だけでなく判断力や認知力の低下を招く恐れもあります。花粉症を持つバスやトラック、タクシーといった職業ドライバーへの調査によると、半数以上の人が花粉症の薬を服用すると、眠気やだるさを感じると回答。また、その状態であっても9割の人が仕事に従事すると答えているので、薬の服用には細心の注意が必要です。

◎花粉症の人が運転中に心がけたい対策
花粉症は運転に悪影響をもたらすため、症状を抑えるためには薬の服用が有効です。
また、花粉症は体内に花粉が入ることで起こるアレルギー反応なので、車内に花粉が入らないようにするのも効果的です。そのためには、以下のような対策が有効です。

・車に乗る前に衣類をはたき、まとわりついた花粉をできるだけ落とす
・走行中は窓を開けない
・エアコンは内気循環にする

また、車内にすでに入り込んでいる花粉を掃除機や濡れた雑巾で取り除く、エアコンフィルターに花粉除去性能を持つものをつける、という方法も対策として有効です。
バスやタクシーのように「車内に花粉を持ち込ませない」対策が難しい場合は、花粉対策用のマスクやメガネで体内に花粉を入れないようにするのがおすすめです。

【まとめ】
花粉症の症状が出ると運転に悪影響が出るので、薬だけではなく車内や体内に花粉を入れない対策を取ることも大切です。花粉の季節はいつも以上に安全運転を心がけましょう。

新年のご挨拶
新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

旧年中もアークペーパードライバーズスクールへのご理解とご協力まことにありがとうございました。

皆様のご期待にそうことができますよう、本年も誠心誠意やらさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

なお、1月4日(金)9時から通常営業しておりますので、運転が苦手、不安に思われている方は、是非お気軽にご相談ください。

冬の安全運転アドバイス
冬の安全運転アドバイス

【冬になったらスタッドレス】

まだ雪は降らないから、あまり雪の降らない地方だから・・・なんて思ってませんか?冬にはスタッドレスタイヤが必要です。

(理由1)
雪がなくても路面は凍結するから必要!
冬の道は雪がなくても凍ることがよくあります。安全のためにもスタッドレスタイヤが必要です。

(理由2)
早期交換なら余裕をもって交換できる!
シーズン中の交換だと、お店が混雑しやすく、交換に時間がかかります。早い時期からの交換なら、比較的お店も混雑していないので余裕をもって交換できます。

(理由3)
チェーン交換もなくらくらく!
雪のたびに繰り返すチェーン交換は面倒。スタッドレスタイヤなら、はき替えなく便利です。

(理由4)
突然の雪にも安心!
早めにスタッドレスタイヤにしておけば、突然雪が降っても、あわてずに済むので安心です。

【冬の運転における注意事項】

(坂道注意)
坂道のすれ違いは、上り優先!
雪の坂道では、一度止まったら再発進がしにくいので、すれ違い時は上りの車が優先になります。
また下り坂では、エンジンブレーキを上手に活用しましょう。空転で磨かれて、ツルツルの凍結路面になっていることがありますので、特に注意してください。

(トンネル注意)
トンネルの出入り口は要注意!
トンネルの出入り口は、光の強弱が大きく目がくらみます(視覚の暗順反応、明順反応)。雪晴れの時は、そんな現象がいっそう顕著になりますので、特に注意が必要です。

(カーブ注意)
コーナリングはスローインスローアウト!
カーブ手前では、十分な減速を。コーナリングは、ゆっくりハンドルを切り始め、ゆっくり戻しながら、ゆっくりアクセルを踏みましょう。

(橋の上注意)
橋の上は凍りやすい!
遮る物がなく、いつも寒風にさらされている橋の上は、特に凍りやすい場所。スピードを落として、注意して渡りましょう。

(交差点注意)
交差点は事故が多い!
停止、発進を繰り返す交差点では、圧雪がタイヤの空転で磨かれて、ツルツルの凍結路面になっていることがあります。特に注意してください。

(車間距離注意)
車間距離を十分にとりましょう!
冬の道には、危険がたくさんあります。突然、凍結路面が現れることも。車間距離は普段よりも多めにとりましょう。

【「急」なことは厳禁 】

雪道や凍結路では、乾燥路に比べて何倍も滑りやすくなります。
急発進・急ハンドル・急ブレーキといった「急」のつく運転操作はスリップの原因になりますので厳禁です。

(発進)
基本はゆっくり発進!
AT車・・・クリープ現象(アクセルを踏まなくても前進する現象)を利用しましょう。
マニュアル車・・・エンジンの回転数を上げすぎないでゆっくり発進。セカンドギアでの発進も効果的。

(ハンドル)
スムーズなハンドル操作を!
カーブや交差点、車線変更などでは、ゆっくり慎重にハンドル操作しましょう。

(ブレーキ)
車輪をロックさせないこと!
一気に踏み込まずにじわっと。ポンピングブレーキやエンジンブレーキを上手に使いましょう。

【過信は禁物】

自分の運転技術やABS、4WDといったクルマの性能を過信するのは禁物です。どんなに高性能な車に乗っていても、慎重な運転を心がけましょう。

【同じ道でも時間帯で路面は変化】

冬の路面は、朝〜昼〜夕方と、一日のうちでも時間や天気によって状況が大きく変化するもの。
路面の状況は決して一定ではないので、常に今の状況を把握しながら運転しましょう。

【豆知識】

吹雪の夜は、ヘッドライトを下向きにして走りましょう。ハイビームにすると雪道に反射してかえって視界が悪くなります。フォグランプも効果的です。また、前後に他の車がいない広い道で、発進やブレーキの事前練習をしておくのもおすすめです。路面の感覚を体験しておくことは、もしものときの事故やパニックを防ぐことに繋がります。

【ワンポイントアドバイス】

走行の前と後に、しっかりメンテナンス

※車への着雪・積雪はマメに落としましょう!
特にタイヤや足回りに付着した雪は、ハンドル操作に支障をきたすことがあります。
ワイパーやライトに着いた雪も、こまめに取り除いて下さい。

※ガソリンは常に十分な量を!
冬の長距離ドライブでは、事故渋滞やアクシデントに巻き込まれて、給油の機会を逃すことも。
早めに給油することが大切です。

※窓は曇らないように!
冬は外と車内の温度差でフロントガラスが曇りがち。曇り防止剤やエアコンを活用して、クリアな視界を確保しましょう。

※凍結防止剤は洗い落としましょう!
道路にまいてある塩分を含む凍結防止剤は、そのままにしておくと車体のサビの原因になります。
走行後は早めの洗車を心がけてください。

◎アークでは、普段運転されている方にもこういった冬の安全運転に関するアドバイスをしております。
講習の中で、季節に合わせて的確なご説明をさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。

年末年始休業のお知らせ
年末年始休業のお知らせ

早いもので年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

本年は大変多くのお客様に受講していただき、お喜びの声やたくさん笑顔にふれることができましたことを、厚くお礼申し上げます。

来年もより多くの方に満足してもらえる講習ができるよう、誠心誠意努力する所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

◎誠に勝手ながら、2018年12月29日(土)〜2019年1月3日(木)の期間中は、休業とさせて頂きます。

ご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承いただきたく思います。

※但し休業中においても、お電話やメールにてお問い合わせ(ご予約)は対応しておりますので、お気軽にご連絡下さい。

休講のお知らせ
休講のお知らせ

本日は台風24号が東海地方に接近してくるとのことで、安全の確保にともないペーパードライバー講習をご予約されておりましたお客様には、大変ご迷惑おかけしますが日程変更させていただきました。

今後は駆け足で冬がやってきますので大雪や霧などの悪天候においても、できる限り迅速に対応させていただきますので、よろしくお願いします。

 

 

休講のお知らせ
休講のお知らせ

昨日は台風21号の影響で、ペーパードライバー講習を前もって予約されていたお客様には大変ご迷惑おかけしましたが、日程変更させていただきました。

雨や夜間などの悪条件においての運転をご希望される方もいらっしゃいますが、お客様が危険に晒されてしまうような悪天候においては、今後もできる限り早めに対応させていただきますので、よろしくお願いします。

  • 1
  • 2