最新情報

アークの最新情報

冬の安全運転アドバイス

冬の安全運転アドバイス

【冬になったらスタッドレス】

まだ雪は降らないから、あまり雪の降らない地方だから・・・なんて思ってませんか?冬にはスタッドレスタイヤが必要です。

(理由1)
雪がなくても路面は凍結するから必要!
冬の道は雪がなくても凍ることがよくあります。安全のためにもスタッドレスタイヤが必要です。

(理由2)
早期交換なら余裕をもって交換できる!
シーズン中の交換だと、お店が混雑しやすく、交換に時間がかかります。早い時期からの交換なら、比較的お店も混雑していないので余裕をもって交換できます。

(理由3)
チェーン交換もなくらくらく!
雪のたびに繰り返すチェーン交換は面倒。スタッドレスタイヤなら、はき替えなく便利です。

(理由4)
突然の雪にも安心!
早めにスタッドレスタイヤにしておけば、突然雪が降っても、あわてずに済むので安心です。

【冬の運転における注意事項】

(坂道注意)
坂道のすれ違いは、上り優先!
雪の坂道では、一度止まったら再発進がしにくいので、すれ違い時は上りの車が優先になります。
また下り坂では、エンジンブレーキを上手に活用しましょう。空転で磨かれて、ツルツルの凍結路面になっていることがありますので、特に注意してください。

(トンネル注意)
トンネルの出入り口は要注意!
トンネルの出入り口は、光の強弱が大きく目がくらみます(視覚の暗順反応、明順反応)。雪晴れの時は、そんな現象がいっそう顕著になりますので、特に注意が必要です。

(カーブ注意)
コーナリングはスローインスローアウト!
カーブ手前では、十分な減速を。コーナリングは、ゆっくりハンドルを切り始め、ゆっくり戻しながら、ゆっくりアクセルを踏みましょう。

(橋の上注意)
橋の上は凍りやすい!
遮る物がなく、いつも寒風にさらされている橋の上は、特に凍りやすい場所。スピードを落として、注意して渡りましょう。

(交差点注意)
交差点は事故が多い!
停止、発進を繰り返す交差点では、圧雪がタイヤの空転で磨かれて、ツルツルの凍結路面になっていることがあります。特に注意してください。

(車間距離注意)
車間距離を十分にとりましょう!
冬の道には、危険がたくさんあります。突然、凍結路面が現れることも。車間距離は普段よりも多めにとりましょう。

【「急」なことは厳禁 】

雪道や凍結路では、乾燥路に比べて何倍も滑りやすくなります。
急発進・急ハンドル・急ブレーキといった「急」のつく運転操作はスリップの原因になりますので厳禁です。

(発進)
基本はゆっくり発進!
AT車・・・クリープ現象(アクセルを踏まなくても前進する現象)を利用しましょう。
マニュアル車・・・エンジンの回転数を上げすぎないでゆっくり発進。セカンドギアでの発進も効果的。

(ハンドル)
スムーズなハンドル操作を!
カーブや交差点、車線変更などでは、ゆっくり慎重にハンドル操作しましょう。

(ブレーキ)
車輪をロックさせないこと!
一気に踏み込まずにじわっと。ポンピングブレーキやエンジンブレーキを上手に使いましょう。

【過信は禁物】

自分の運転技術やABS、4WDといったクルマの性能を過信するのは禁物です。どんなに高性能な車に乗っていても、慎重な運転を心がけましょう。

【同じ道でも時間帯で路面は変化】

冬の路面は、朝〜昼〜夕方と、一日のうちでも時間や天気によって状況が大きく変化するもの。
路面の状況は決して一定ではないので、常に今の状況を把握しながら運転しましょう。

【豆知識】

吹雪の夜は、ヘッドライトを下向きにして走りましょう。ハイビームにすると雪道に反射してかえって視界が悪くなります。フォグランプも効果的です。また、前後に他の車がいない広い道で、発進やブレーキの事前練習をしておくのもおすすめです。路面の感覚を体験しておくことは、もしものときの事故やパニックを防ぐことに繋がります。

【ワンポイントアドバイス】

走行の前と後に、しっかりメンテナンス

※車への着雪・積雪はマメに落としましょう!
特にタイヤや足回りに付着した雪は、ハンドル操作に支障をきたすことがあります。
ワイパーやライトに着いた雪も、こまめに取り除いて下さい。

※ガソリンは常に十分な量を!
冬の長距離ドライブでは、事故渋滞やアクシデントに巻き込まれて、給油の機会を逃すことも。
早めに給油することが大切です。

※窓は曇らないように!
冬は外と車内の温度差でフロントガラスが曇りがち。曇り防止剤やエアコンを活用して、クリアな視界を確保しましょう。

※凍結防止剤は洗い落としましょう!
道路にまいてある塩分を含む凍結防止剤は、そのままにしておくと車体のサビの原因になります。
走行後は早めの洗車を心がけてください。

◎アークでは、普段運転されている方にもこういった冬の安全運転に関するアドバイスをしております。
講習の中で、季節に合わせて的確なご説明をさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。